上司・管理職の部下育成支援

強みを引き出し成果に導く、人材育成・部下指導プログラム
​上司・管理職向けストレングスコーチング

​ ストレングス・ファインダー®(※)を活用したコーチングによって、自分の強み、部下の強み、チームの強みの3つの強みを「発見」「理解」「活用」して、部下指導を強化してチームとして大きな成果を出します

※ストレングス・ファインダー®の詳細はこちら→

管理職のStep1.自分の強み

​ ストレングスコーチングによって、管理職の人がまずは自分の強みの活用の仕方を身に付けます

管理職のStep2.部下の強み

​ ストレングスコーチングによって、管理職の人が部下それぞれの強みを理解し、自分の強みを使った指導方法を身に付けます

管理職のStep3.チームの強み

​ チーム全体の強みを理解し、チームとして成果を出していく方法を実践します

​ストレングスコーチングの効果

​ ストレングスコーチングによって、自分の強み、相手の強みを理解することで、仕事の成果を出しやすくなるだけでなく、他者を認めて相互に協力し合う意識が醸成されます。

以下のような従業員、管理職、職場にストレングスコーチングは効果的です。

▶管理職への部下指導の支援

 部下とのコミュニケーションに多くの時間を割くことが難しい上司にとって、ストレングスファインダー®は部下との共通言語となり、効率の良い部下指導ができるようになります

▶部下とのコミュニケーションや指導が苦手な管理職の支援

 部下の考え方や行動の特性を理解し、自分との共通点や違いを認識することで、部下と適切なコミュニケーションがとれるようになります

▶チームの力をもっと引き出したいと考えている管理職の支援

 メンバーそれぞれの強みや得意分野をマネージャーが理解をし、適切な役割を与えたり、相手のモチベーションの上がる仕事の任せ方をすることで、チーム全体の能力が向上します

​▶リーダー育成、幹部候補者育成

 組織が期待を寄せる人材に、自信を持って管理職や幹部を目指してもらえるようになります。周囲を理解し、上司理解、部下理解をすることで、マネジメントに自信がつきます。女性リーダー育成にも大きな効果が期待できます

​▶新しく結成されたプロジェクトメンバーのチームビルディング

​ 新規のチームが、メンバー同士の強みを確認し合い、それぞれの役割を認識することで、チームとして素早く成果を上げることが可能になります

▶メンタルヘルス不調者やハラスメントのある職場の改善

 上司と部下、および職場のメンバー同士が、互いに違った強みを持っていることを認識して受け入れ合うことで、相手を尊重する言動がとれるようになり、ハラスメントの防止につながります。また、互いに配慮し合える職場になり、メンタルヘルス不調者の減少が規定できます

▶頑張っているのに、なかなか成果が出せない従業員の能力向上

 自分の考え方や行動のクセを知り、強みを活かして成果を出す方法が見つかります。自信を持って人間関係を構築したり、業務に取り組んだりすることができるようになります。

​お問い合わせ・ご相談

​サービスのご相談やお見積り、事例についてなど、お気軽にお問い合わせください。

080-5498-2077