女性職員向け『女性のためのキャリアデザイン講座』
2018年7月 千葉県 富里市役所 様

 千葉県の富里市にて、市役所の中堅女性職員を対象としたキャリアデザイン講座に登壇しました。富里市は、成田国際空港にほど近い、人口約5万人の市。スイカの名産地でもあり、毎年6月には「スイカ・ロードレース」が開催されてます。このレースでは市内外から12万人のランナーが集まり、給水所ならぬ「給スイカ所」でスイカを振舞われながらマラソンをします。スイカ・ロードレースの準備と運営には、市の職員が総出で大忙しとなるそうです。

 今回の受講者は、富里市役所で将来の管理職を嘱望される女性職員の方々。年齢が30代~40代の方

が多く、ちょうど、結婚、出産、育児などのライフイベントを迎える年齢です。この講座で、ご自分の悩みを再認識し、他の人の悩みも聞きながら、自分のなりたい将来像を考えていただきました。

 

【セミナー動画 :アイスブレイクで笑顔がいっぱいに!】​​

 研修開始してすぐの様子。最初は緊張気味だった受講者のみなさんに、グループごとのリーダー決めをお願いしました。リーダーの決め方も、ちょっとひと工夫。笑い声が響く楽しい時間になりました。

【セミナー動画 :受講者の不安を講師が解説】​

 受講者に、「これから働いていく中で不安に感じること」を挙げていただき、講師が解説をしました。家庭でも、地域でも、職場でも、様々な立場でたくさんの期待を背負う女性たち。「どの期待にどれくらい応えるかは自分で決めましょう」と講師が説明すると、みなさん大きくうなずいていました。

講座の中で、本の紹介しました
未来の挑戦に迷っているあなたへ
​「女性のキャリア」のつくり方
​Amazonにて販売中 ここをクリック!

◆受講者の感想:

・普段の業務は多忙で,なかなか同じ庁内でも話すことのない職員の方と一緒に研修を受けることができてよかった。グループで話し合う時間が多く大変参考になることが多かった。


・ワークタイムが多く今の自分の振りかえりの時間,人との不安の共有が有意義だった。

 

・この研修で,仕事とプライベートの両立を皆がんばってまた不安と戦いながらやっているのだなと思いました。自分だけではないのだと,仕事とプライベートに自信を持ちながら明日からがんばります。

・女性として,一人の者として,何をしていくのか等考えることが出来ました。講師の語りかけや講義もわかりやすくて良かったです。

・女性だけの研修は初めてでしたが,とても有意義でした。自分に足りないところと自分がやりたいことが少しみえてきてモチベーションが上がりました。ありがとうございました。


・今まで自分の人生については漠然と考えていただけでしたが具体的に考えてみようというきっかけになりました。結婚,出産,育児,介護など楽しみであると同時に不安もありますが,ポジティブに考えていきたいと思いました。とても聞きやすく,2時間があっという間でした。グループ内で話をしたことで,他部署の方ともお話できてよかったです。


・改めて,自分の事,家族の事など考えてみて自分への課題などが見つかりました。きちんと考える機会がなかなかなかったので,本日はとても有意義な時間でした。

・自分が抱える悩み,同じように悩みを抱えている人,自分に期待されていること,自分がなりたい姿,研修に参加して色々なことが見えて頭の中が整理され,すっきりとこれからなりたい自分も見えてきました。


・自分のことを改めて見直すことができました。本当はどうしたいのか考えることができ,がんばる分野を自分で決めてよいという言葉が印象に残りました。

・講師の先生のお話がわかりやすく,また他の先輩方の体験談などを聞くことができ良かったです。
 

◆主催者の感想:

 まだまだ男性社会の仕組みの残る職場の中で、これからは女性にもっともっと力を発揮していただきたいと思っています。これまでも女性向けの研修は何度か開催してきましたが、今日の研修はみんなが楽しそうで良かったです。各自が自分のキャリアを考える、いい機会になったと思います。

​ 今後は、女性職員の上司たちに向けた研修も企画していきたい。うちの女性職員たちは、まじめで頑張り屋が多い。上司と一緒に、活躍できる方法を考えて行って欲しいと願っています。